サイトトップ > 離島・僻地の看護師求人

へき地や離島における看護師の求人募集

[ 看護師さんへ ]
ここは離島医療に興味がある看護師さんと、
地域の医療を担ってくれる看護師さんを募集している病院・診療所のマッチングサイトです。
へき地でのお仕事や田舎暮らしに興味がある看護師の方は、
気になる求人があれば直接問い合わせることができます。

[ 病院・診療所の方へ ]
また看護師さんを募集している診療所や病院関係者の方は、
お問い合わせフォーム からご連絡いただければ、個別に施設の紹介ページを作成いたしますので、お気軽にご連絡ください。

人材紹介会社や派遣会社を経由することなく、直接ナースを採用したいとお考えの離島・へき地の病院と、おなじく直接、病院や診療所に採用してもらって働きたいとお考えのナース、その両者の橋渡し役として、微力ながら当サイトがお役にたてば嬉しいです。

(※携帯のメールアドレスをご登録いただくと、迷惑メールフィルタ等によりお返事できないことがありますので、お問い合わせの際はパソコンのメールアドレスをご入力ください。)

看護師さんの単発派遣では、「常勤」にこだわることなく、「派遣」や「単発バイト」など、ひとり一人の希望に合った働き方を見つけるヒントをご紹介しています。こちらのページをブックマークしておくと便利です。

求人情報

御蔵島診療所

島で唯一の医療機関である診療所ではたらくと、御蔵島村の公務員になれます!日勤のみの外来のお仕事。大自然とイルカに囲まれて癒されてみませんか?(東京都:御蔵島村)

離島診療所で働く『魅力』と僻地医療に求められる『総合力』

都市にある大規模な総合病院と、へき地にある離島の診療所では、環境も働き方も大きく異なってきます。まず環境的な面でいうと、透き通るような青い海や緑に囲まれた “自然豊かな土地で仕事ができる” というのは、都会の病院では味わえないメリットです。大自然に囲まれて、心も体も癒されるんじゃないかと思います。

また当然職場の環境も大きく異なります。
大学病院や総合病院などでは、病院を訪れる患者さんの数が多いですから、慌ただしく次からつぎへと患者さんを診察していきますが、同僚のナース仲間やいっしょに働く職員もたくさんいます。

いっぽう僻地の診療所はというと、医師が1人に、看護師が1~2人、あとは手伝ってくれる事務員さんが1人という少人数の体勢で診察しているケースが多いです。僻地ですから人口もそれほど多くありませんし、一日に診療所を訪れる患者さんも10~20人程度だったりします。

島民に愛され、島に欠かせない存在になる “やりがい・働き甲斐”

大規模な総合病院と離島の医療機関では求められていることが違います。 少人数でこなす僻地医療に求められているのは『総合力』です。

話を聞いてほしくて診療所にやってくる高齢者も少なくないですから、そこで重要になってくるのは話す技術よりも聞く技術なのかも知れません。人口が少ない島で、島民ひとり一人と家族や友人になるような感覚。 最新の医療機器もないし入院施設もないけれど、ときどき往診もするし、島民みんなの健康状態を把握している。

診察の介助はもちろんのこと、物品の管理、薬剤が不足すれば注文するし、調剤もこなす。
離島で働く看護師さんにはそんな総合力が求められています。

初めのうちは寂しさや孤独感を感じたり、ときにはホームシックになることもあるかも知れませんが、自然があふれる僻地の診療所で、島民に愛され、必要とされ、まるで家族のように島に欠かせない存在になっていく・・・。

僻地の医療機関には大規模な病院では体験できない魅力と大変さ、やりがいがあります。

転職支援サイトから僻地の求人に応募する

期限付きで癒しを求める!離島医療に興味のある方は、ナースパワーの転職サポートを活用すると便利です。奄美諸島や伊豆諸島、対馬や五島列島などの病院に、最低3~6ヶ月から勤務可能。
興味のある方は「離島応援ナース」にチェックを入れて応募しましょう。

ナースパワー人材センターの詳細はこちら