サイトトップ > 看護師の保育園勤務

保育園でも活かせる看護師の資格

子供と関わる職場で働きたいという思いから、保育園での勤務を希望する看護師さんもいらっしゃると思います。

最近では 「 看護師が常勤する保育園 」 も増えていますし、子供を預ける親御さんにとっても、看護師がいるのは心強い、また雇う保育園側にとっても大きなセールスポイントにもなるわけです。

ただし、これから保育園で働こうと思っている方にとっては、それまでの環境、とくに大きな病院などとは全く異なる職場である。というのは心に留めておいた方がいいでしょう。

べつに仕事自体が激務であるとかそういうことではなくて、病院勤務とは環境が全く異なる、という点ですね。ほかの同僚ナースもいませんし、基本「ひとり看護師」ということになりますから。

看護師さんの単発派遣では、「常勤」にこだわることなく、「派遣」や「単発バイト」など、ひとり一人の希望に合った働き方を見つけるヒントをご紹介しています。こちらのページをブックマークしておくと便利です。

ナースは医療の専門家、自信を持って堂々と勤務する

保育園としては看護師を雇うことで価値が上がる、
そういう基準で採用しているところも少なからずあるでしょう。

実際に就職しても、何をしたらいいのかハッキリしていないこともあるでしょうし、
園側としても、看護師さんにどういう仕事をお願いしたらいいのか、ちゃんと認識できていない、ということもあると思います。手探り状態です。

なので、これから保育園勤務を希望される看護師の方は、
その辺の事情も踏まえたうえで、あまり気負うことなく仕事に望まれるといいと思います。
一人しかいない医療のプロなのですから、自信を持って堂々と取り組まれてください。

看護師がいるだけで親は安心する

保育園、そして子供をあずける親御さんが求めているのは、
「 安心感 」 です。

本格的な医療行為は行わないまでも、病気や怪我などの緊急事態の際に、「 病状を把握して、適切な処置の仕方を判断できる人材 」 が求められているわけです。

そこが保育園における看護師さんの一番の価値、
もっとも必要とされている点だと思います。

必要なのは見極めるスキル

ちょっと話は変わりますが、逸話としてこんな話があります。湯沸しの調子が悪くなって、ボイラー技師を呼んだという話なんですが、

その技師は現場に到着するや、何も言わずにボイラーを隅々までチェックします。かれこれ15分ほどは調べたでしょうか。

その後、ある一箇所を 「 コン、コン 」 と叩くことで、
無事、ボイラーの不具合は治ったといいます。 そのときボイラー技師が請求した金額は2万円。

依頼主は、
「 高すぎる!君はあの辺をコンとひと叩きしただけじゃないか 」、といいましたが、
ボイラー技師はこう答えます。

「 適切に、どこを叩いたらいいのかを判断する。その価値が2万円なのです。 」 と。

これは、あくまでも逸話です。
ただし保育所で働く看護師さんにとっても、これは近からずも遠からず、
そんな話ではないでしょうか。

看護師さんは医療のプロとして保育園に必要とされています。

ちょっとした擦り傷をつくったときの対処から、針で縫ったりするような本格的な医療が必要とされる状況まで、 それらの処置を 「 適切に判断できるスキル 」
これが保育園の 「 ひとりナース 」 に求められているものだと思います。

適切な状況判断ができる医療のプロフェッショナル

保育園には保育士をはじめ、何人もの大人がいますが、みな医療のプロではありません。医療行為も許可されていません。ですから、適切な状況を判断できる看護師が必要とされているわけです。

実際に就職してみたところ、保育園側から 「 こんな仕事をして欲しい 」 というような明確な依頼がない・・・なんていう状況も、もしかしたらあるかもしれませんが、

そんなときは率先して、また施設の方と協力して、
子供たちが安心して過ごせる環境を作る、
そういうクリエイティブな仕事ができる。

そこが保育施設で働く看護師の魅力のひとつでは、とも思います。

また、必要とされている人材については、新卒よりも臨床現場での勤務経験のある方、
ある程度のキャリアがあって応用力のある人の方が重宝されるでしょう。

募集情報・求人探しには紹介会社を使う

保育園、それは看護師の国家資格を活かせる立派な職場です。
大学病院や公立病院とは環境は異なりますが、ナースとしての知識や経験が必要とされています。

また保育士など、園にいるスタッフは医療のプロではありませんから、
そのあたりも踏まえて、プロフェッショナルとして子供たちの健康管理ができる環境をつくる、
そんな意気込みで仕事に取り組まれるのも素晴らしいですね。

保育園の求人募集を効率的に探すには、人材紹介を活用すると便利です。
MCナースネット などですね。

もちろん求人情報誌を買ったり、ハローワークに足を運んで求人を探されてもいいのですが、
紹介会社にしかない他には公開されていない募集(※非公開求人といいます。)もあるし、条件を伝えるだけで、それに合った募集情報を紹介してくれるので、すごく便利ですよ。