サイトトップ > 沖縄で看護師をやる

沖縄でナースとして働いてみたい!

かつての琉球王国、南国の沖縄に憧れている看護師さんも多いでしょう。

気候は一年中暖かく、青くて澄んだ海が広がっていますから、休みの日はバカンス気分でスキューバダイビングをしたり、

サーフィンやシュノーケリング、また釣りをしたりと、いろんな体験ができます。

興味はあるけど、実際に行くとなると勇気がいるし、
永住するほどの覚悟も出来てない・・・

当然だと思います。
知らない土地ですからね。

でも人間、何に一番後悔するかといえば、失敗した後悔よりも、
「 やらなかった後悔 」 だと思いますから、沖縄に強い憧れがあるのなら、
何らかの形でチャレンジすべきだと思います。

看護師さんの単発派遣では、「常勤」にこだわることなく、「派遣」や「単発バイト」など、ひとり一人の希望に合った働き方を見つけるヒントをご紹介しています。こちらのページをブックマークしておくと便利です。

看護師の派遣をつかえば、気軽に南国体験が出来る

そこでお勧めするひとつの方法は、
看護師の派遣を利用する、という作戦です。

文字通り沖縄の病院に派遣されるのですが、
3ヶ月~6ヶ月と期間が限定されているので、
応募しやすいんです。

いきなり沖縄に5年間常駐、なんていう決断はできなくても、3ヶ月や半年くらいなら大丈夫そうですよね。

その間当然ナースのお仕事はしますが、
休日を有効に活用すれば、3泊4日の沖縄旅行などとは比べ物にならないほど、
濃い体験が出来ると思います。

前から興味があったサーフィンとか、
上手になっちゃうかも知れませんよね。

人材紹介会社に登録して、そこから派遣される

そこで、具体的にどうすればいいかというと、
まずは【1】看護師の人材紹介会社に登録します。
そして【2】その紹介会社から沖縄の病院に派遣される。という流れです。

人材紹介を利用するメリットはいくつもあるのですが、
求人情報が豊富にあり、さまざまなサポートが受けられる。

というのが最大のメリットだと思います。
不安なことがあれば何でも相談できます。

アパート完備で旅費も負担してくれる

あと現実問題として、たとえば沖縄県の宮古島に赴任するとなったときに、
向こうで住む家はどうするの? とか、旅費とか引越し代はどうするの? って思いますよね。

じつは、こういう点のサポートもしっかりしていて、
現地には諸設備付きアパートが完備されているので、すごく身軽に赴任できるし、
なんと旅費や引越し代などの赴任費用すらも病院が負担してくれるんです。

これはありがたいですよね。
看護師の資格と最低限のキャリアがあって、あとは沖縄に行ってみたい!
という気持ちさえあればチャレンジできるわけですから。

長い人生の2,3年、沖縄を満喫するのも悪くない

もし、沖縄の居心地が良くてたまらない!ってことになれば、
ゆくゆくは永住してもいいでしょうし、そこまで行かないとしても、

「 人生の一時を、南国の沖縄で暮らしてみる 」

っていうのはスゴク刺激的で、
貴重な経験だと思います。

だれでもOK!という訳ではありませんが、
原則一年以上のキャリアがあれば応募可能です。

登録する人材紹介会社は、看護師の紹介一筋という老舗で、派遣ナースにも力を入れている
ナースパワー人材センター(業歴25年) がいいと思います。

離島の診療所で働いてみたい方へ

沖縄以外にも自然を満喫できる環境はあります。
人口の少ない離島などでは、都市部にある大規模な総合病院とは異なり、医師、看護師、事務員をふくめ数名のスタッフで診療所を切り盛りしています。

大自然に囲まれながら、大きな病院とは全く違う環境で、島民や患者さんと触れ合う。
僻地医療ならではの大変さ、働き甲斐、そして楽しさがあります。

僻地医療や離島の診療所に興味のある看護師さんはこちら