サイトトップ > 海外留学したい

海外留学を目指している看護師の方へ

留学したいと思ってる看護師さんって、意外といらっしゃるんですよね。それは 外国でナースとして働いてみたい ということもあるでしょうし、英語などの語学を覚えたい のが一番かも知れません。

どちらにしても向上心が強くて、どんどんスキルアップしたい、いろんな経験を積みたい、そういう前向きな人に多いようです。

ただし物事はそう簡単ではありません。
なぜなら、タダで留学できるわけではないからです。

看護留学といっても、数十万円から百万円単位のお金を支払って行くわけです。
つまり資金を用意する必要がある。

看護師さんの単発派遣では、「常勤」にこだわることなく、「派遣」や「単発バイト」など、ひとり一人の希望に合った働き方を見つけるヒントをご紹介しています。こちらのページをブックマークしておくと便利です。

貯金したいのに就職できないジレンマ

ここに大きなネックが隠れています。
ネックというかジレンマといった方がいいかも知れないですけど。

私は看護留学に行きたいから働いてお金を貯めたい。
そのためにも就職したいけど、病院はすぐに辞めてしまう人を採用したくない。
・・・結果、なかなか仕事が見つからない。

というジレンマです。

病院サイドとしてもすぐに辞めるかもしれない人材に、
時間とお金を使いたいとは思わないでしょうから、当然といえば当然です。

期間限定の派遣ナースとして働く

ここでのひとつの解決策は 「 常勤 」 という働き方を捨てることです。
あなたに看護師としての一定のキャリアがあるなら、期間限定の派遣求人はたくさんあります。

派遣ですから契約期間が決まっているし、
経験があって、忙しい職場にも堪えられるなら高給も期待できます。
(関連:単発派遣も紹介するナースパワー人材センター

半年もあれば留学資金は貯められる

たいていは半年区切りということが多いと思いますが、6ヶ月間は派遣でナースの仕事に専念する。娯楽を控えて生活も質素にする。

そういう暮らしをすれば、
半年もあれば楽勝で留学資金が貯まります。

だって月収50万円くらいの求人もありますから、
派遣期間中は仕事をがんばって、あとは贅沢を控えたら余裕ですよね。

それから、語学留学に行きたいと思っている看護師さんはもとより、
一回看護留学を経験した人は、日本に帰ってきてからも、またすぐ海外に行きたいなと思うものです。

無理やり常勤として就職して、短期での退職を繰り返し、
自分のキャリアを傷つけるくらいなら、

短期の求人を探して、3ヶ月とか半年とかいった短いスパンで仕事をして、
留学資金を貯めた方が賢い
のではないかと思います。
(関連:ナースの単発のバイトや、スポット業務を探すなら